近畿 滋賀県

近江神宮(おうみじんぐう)

https://www.instagram.com/p/B4hT8M5gS3s/?igshid=15iawerv8hnz3

所在地・住所 〒520-0015滋賀県大津市神宮町1-1
電話番号 077-522-3725
参拝料金 無料
参拝時間 6:00~18:00
祭神 天智天皇
創建 1940年
アクセス 近江神宮前駅下車 徒歩9分
公式サイト http://oumijingu.org/

創建は新しくとも、歴史は1300年

滋賀県大津市にある近江神宮は創建が1940年と、神社としてはかなり新しい。しかし、だからといって歴史自体が浅いわけではない。

祭神は天命開別大神。第38代天皇である天智天皇の別名だ。時の祖神としてまつられ、開運や導きの神、文化、学芸、産業の守護神としてその神徳を発揮している。

大化の改新を推進したことで知られる天智天皇は、その偉業から歴代天皇のなかでも重要な位置に置かれていた。その天智天皇の都である近江大津宮が近江国(滋賀県)にあったことがこの地の発展につながっているとして、天智天皇は大津に住む人の間で崇敬を集めていた。

1895年頃から天智天皇をまつる神社を求める声が多くなり、創建の機運が高まっていった。そして1938年、ついに昭和天皇がその願いを聞き入れ、近江神宮創建を発表。

当時、大津宮のくわしい場所は不明だったが、戦後の調査により近江神宮の境内がその一角、もしくは隣接地だということが確定的となった。つまり近江神宮は天智天皇の時代から1300年以上の歴史をもつともいえるのだ。

映画のロケ地になったかるたの殿堂

天智天皇は小倉百人一首の巻頭に歌を残されている。そのゆかりで近江神宮では競技かるたの日本一を決める名人·クイーン決定戦などが開催され、かるたの殿堂として広く知られている。競技かるたを描いた映画『ちはやふる』のロケ地としても有名。写真はかるた開きの儀。

-近畿, 滋賀県
-

Copyright© 神社バンク , 2021 All Rights Reserved.