関東 東京都

明治神宮(めいじじんぐう)

https://www.instagram.com/p/B6xEcePFIoo/?igshid=4srienqzvzir

所在地・住所 東京都渋谷区代々木神園町1番1号
電話番号 03-3379-5511
参拝料金 無料
参拝時間

1月
午前6:40~午後4:20
2月
午前6:20~午後4:50
3月
午前5:40~午後5:20
4月
午前5:10~午後5:50
5月
午前5:00~午後6:10
6月
午前5:00~午後6:30
7月
午前5:00~午後6:20
8月
午前5:00~午後6:00
9月
午前5:20~午後5:20
10月
午前5:40~午後4:40
11月
午前6:10~午後4:10
12月
午前6:40~午後4:00

祭神 明治天皇、昭憲皇太后
創建 1920年
アクセス JR 原宿駅下車、表参道口出口
公式サイト http://www.meijijingu.or.jp/

11万人の奉仕によって支えられた神社

東京、渋谷区に木々の生い茂る一帯がある。人々でにぎわう都会の喧騒からかけ離れたその場所が明治神宮だ。

創建は1920年。祭神としてまつられているのは明治天皇と皇后である昭憲皇太后だ。明治維新以降、日本は大きな変化を経験することになった。近代憲法の制定や議会政治の開設、教育制度の確立など。そしてその中心には明治天皇が立っていた。

しかし1912年に明治天皇が崩御。1914年には昭憲皇大太后も崩御されてしまう。すると国民の間から両陛下をおまつりしたいという声があがるようになった。こうして明治神宮は創建されることとなったのだ。

だが、第一次世界大戦により物価や賃金が高騰し、予算難に陥ってしまう。それを何とかしたのが11万人におよぶ全国青年団の勤労奉仕だった。ほかに全国から奉献された10万本、365種類におよぶ樹木、さらに1000万円もの寄付など、明治神宮はまさに国民によって支えられた神社といえる。東京大空襲により社殿は一度焼失してしまうが、1958年、ふたたび国民の支えにより復興した。

人生の指針となる明治天皇と皇太后の歌

明治神宮のおみくじには吉凶がない。戦後、一宗教法人となった際に「ほかの神社にはないおみくじを」と考え出されたもので、祭神である両陛下が詠まれた歌を15首ずつ、合計30首選んでいる。正確にはおみくじではなく「大御心」と呼ばれる。

 

-関東, 東京都
-

Copyright© 神社バンク , 2021 All Rights Reserved.