関東 茨城県

鹿島神宮(かしまじんぐう)

https://www.instagram.com/p/B6xP9FAg6g2/?igshid=thansgfifa61

所在地・住所 〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中 2306-1
電話番号 0299-82-1209
参拝料金  
参拝時間 自由
祭神 武甕槌大神
創建 紀元前660年
アクセス 鉄道JR東日本鹿島線 鹿島神宮駅 (徒歩10分) - 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線も乗り入れ。
高速バス東京駅から、高速バスかしま号で「鹿島神宮」バス停下。
公式サイト http://kashimajingu.jp/

徳川家からの信仰も厚い、武神をまつる神宮

プロサッカーチーム鹿島アントラーズ の本拠地としても知られる鹿嶋市。その丘陵地に鹿島神宮は鎮座する。祭神は武神として有名な武拠槌大神。創建は神武天皇が即位された年、紀元前660年とされている。

東征のさなか、窮地に陥ったところを武甕槌大神のもつ韴霊剣によって救われた神武天皇。即位の年、その恩に報いるために、この鹿島の地に武尭
槌大神をまつったのが鹿島神宮の始まりと伝えられる。関東でも屈指の古社だ。

万葉集には東国から九州へと旅立つ防人たちが、武運と安全を鹿島の神へ祈る歌が収められている。またこのことから遠方へと旅立つことを表す「鹿島立ち」という言葉も残っている。

武甕槌大神は武神として知られるの源頼朝や徳川家康など武家からので、崇敬も厚く、奥宮社殿は家康が寄進したものとしても知られている。また剣豪として知られる塚原卜伝はこの鹿島神宮の神職吉川覚賢の次男であり、当宮に千日参龍して剣の極意を極めたという話も残っている。

12年に一度行なわれる二柱の神の顔合わせ

12年に一度、午年に行なわれる御船祭。日本最古にして、内海で行なわれる水上祭としては最大規模のもの。鹿島神宮の御祭神である武獲槌大神が、香取神宮の御祭神である経津主大神と水上で出会う祭。 3000人の行列や、 120般の大船団が
行軍する様は圧巻。

-関東, 茨城県
-

Copyright© 神社バンク , 2021 All Rights Reserved.