基礎知識

新道と仏教

寺にある神社と神社にある寺

東京観光の定番、浅草寺の境内には浅草神社という神社が存在する。寺は仏教の建築物で、神社は神道の建築物。それぞれ異なる宗教の施設なのに、一カ所に集まっているのは不思議な印象を受けるかもしれない。これはかつて日本で行なわれていた「神仏習合」のなごりだ。

日本に仏教が伝来したのは6世紀の中頃。当時の日本にはすでに神道が存在していたため、最初は外来の異教として、なかなか受け入られなかった。

しかし前のページでふれたように、神道には開祖もいなければ、教義もない。 いっぽう仏教には開祖として釈迦がおり、修行の末に悟りを開いて解脱するという明確な教義もある。「ない宗教」である神道は、その足りない部分を仏教から補うこととなった。どうすれば救われるかわからない神道に対して、解脱が救済につながるという仏教の教えから、その答えを見つけようとしたのだ。

これが神仏習合の始まりだ。そして人はもちろん、神も苦悩する存在であり、仏に救いを求めるという考えの「神身離脱説」から、神の前で読経が行なわれるようになった。それなら各地の神社の境内には、寺もあるほうが都合がいい。こうして神社のなかにある寺神宮寺」が設けられていった。頼比神宮にあった気比神宮寺、宇佐神宮にあった宇佐八幡弥勅寺などがそれにあたる。

冒頭でふれた浅草寺のように、逆に寺の境内に神社が勧請されるケースもあった。勧請というのは、どこか別のところでまつられている神を迎えることを意味する。そうした神々は「護法善神」と呼ばれた。 護法の「法」は仏法のこと。つまり護法普神とは、寺領を守ることを期待された神というわけだ。

天照大神は大日如来。須佐之男命は牛頭天王

神道と仏教の共存が実現した背景には、仏教の性質も大きく関係している。もともと仏教が生まれたインドでは、バラモン教や、その後に成立したヒンドゥー教など、多神教の神々が信仰されていた。仏教はそれらの神々を仏という形で取り込んだ。シヴァの化身であるマハーカーラを仏教の大黒天に、インドラを仏教の帝釈天といったように、インドの神々と仏を同一視したのだ。

インドと同じ多神教の神道を生み出していた日本でも似たような動きが起きた。それが「本地垂逃説」だ。「本地」とは本来の境地のことで、「垂述」とは後に出てくるもののこと。つまり絶対の存在である仏(本地)は仮の姿である神(垂述)となって人々の前に現れ、救いをもたらすというものだ。こうして天照大神は仏教の大日如来、須佐之男命は仏教の牛頭天王の化身で、それぞれ同一の存在とされた。

同じ存在なのだから異国の宗教として排除する必要はなく、むしろ受け入れるべき。そんな考えからうまく共存できたわけだが、やがて僧侶が神社を管理するなど、両者の境目は暖味になっていく。しかし明治時代には、古代の神道を復活させようとする動きから神仏分離令」が出され、両者は切り離して考えられるようになった。当時は原理主義者による寺の焼き討ちなど、かなり過激なことも行なわれたが、浅草寺のようにいまだ共存している場所は多く、現在でもその相性のよさを各地で感じ取ることができる

-基礎知識

Copyright© 神社バンク , 2021 All Rights Reserved.